勤務先から住居を選ぶ

1日の殆どの時間を仕事に費やすからこそ、よりよい職場に転職を考える人もいると思います。医療事務のように1度経験があれば他の企業に転職しやすい職種の求人なら、佐賀などの地方から、より大都市への転職も視野に入ります。しかし引越し費用や、賃貸に関する初期費用を抑えたいと考える人も多いはず。そういった人はシェアハウスという選択肢も考えてみましょう。

シェアハウスを探す際のポイント

no.1

企業選び

もっとも重要なポイントは運営業者を選ぶことです。共有スペースを業者が運営するため、快適な生活を送るためにはしっかりとした業者を選ぶ必要があります。定期的に物件を確認している企業であれば、物件状況の把握管理ができている事が多いため安心できます。また住人同士でトラブルが起きた際に仲裁にはいってくれるかも聞いておくと良いでしょう。

no.2

設備の確認

生活に必須な設備が十分に揃っているかも重要なポイントです。お風呂や冷蔵庫の大きさ、洗濯機など、入居者が共用で使う設備に関しては、ある程度数が設置されていないと揉める原因となります。自炊する人が多い場合はキッチンも順番待ちになるかもしれません。共用設備の使用状態の確認は、入居者全員の生活に関わることなので、必ず確認しましょう。

no.3

料金設定の確認

物件によっては共用設備がコイン式になっている所もあります。毎回小銭を必要とするので煩わしくなりますが、共用設備の使用頻度が低い人にとっては、費用を抑えられるためメリットとなります。別のケースとして共用部分の光熱費が、全員に一律で別途請求されるスタイルの物件があります。人によってどちらが好ましいかは異なるため、事前に確認しましょう。

no.4

運用ルールはしっかりしてるか

企業が運営するシェアハウスは設備のメンテナンスや運用ルールの設定が行われているかも確認する必要があります。設備が汚れている、または壊れているのにそのまま放置されている事もあります。また住人事の決め事がある場合は、把握しておかないと入居後苦労する事になります。共同生活となるからこそ、ある程度のルールが存在するかという点にも注目するべきです。

no.5

壁の薄さ

音に関するトラブルは結構多いものです。壁が薄ければ、電話で話している声が隣に聞こえている事もあります。生活スタイルが違えば、夜中眠りにつこうとする時にドライヤーの音で起こされる可能性もあります。防音性能がしっかりした物件であれば、そういった日常生活におけるストレスも軽減することができるのです。

品川で魅力的なシェアハウスを見つけるために知識を蓄える

女性

交流を楽しむシェアハウス

シェアハウスとは、自室とは別にラウンジの様な共有スペースがある賃貸物件のことです。またキッチン、シャワーなどの水回りも共有スペースとして利用されます。共同住宅として交流を楽しめるため、国内外を問わず知られています。また通常の賃貸物件と比べ初期費用や月々の費用を抑え、お手頃価格で住めるところも注目される理由の一つです。

シェアハウスのメリット

シェアハウスでは、光熱費やネット代が家賃に含まれている事が多いため、一人暮らしよりも生活費を押さえることができます。またベッドやカーテンなどの家具や洗濯機のような大型家電が揃っている場合が多く、カバンひとつで即入居する事も可能です。プライベート空間として個室がありますが、共有スペースがあるおかげで、1人暮らしの1Rよりも、家が広く感じるのもシェアハウスの魅力といえます。

共同生活の違い

シェアハウス

建物事態は賃貸業者が運営していることがほとんどです。建物全体を企業が運営しているため、トイレやキッチンなどの共有スペースは貸主の管理となります。

ルームシェア

ルームシェアは個人が物件を所有しているオーナーであることが多いのです。基本的に住んでいる個人個人が設備管理し、運営する事になります。

新天地への足がかりとしての利用

今住んでいる地域以外への求人でも、費用を押さえ生活する方法がある事は、生活への不安を軽減することができます。収入が安定するまでの短期的な利用でも、家具家電が揃っている事が大きなメリットとなります。品川などの都市部でもシェアハウスは存在しているため、自分の理想とする地域で生活できないか、探してみるのも良いでしょう。

住んでわかるメリット

新しい交流が楽しい!

帰った時に人がいるのは安心感がありますね。自分の部屋でまったりと過ごすのも好きですが、同居人とのんびり雑談するもの楽しいです。

会社以外で交友関係が広がる

同居人とご飯を食べながら仕事の愚痴を言い合う事ができるので、一人で落ち込むよりも気が楽です。週末は酒好きな同居人と飲み会ができるのも良い息抜きになりますね。

[PR]
介護士の派遣なら東京で応募
働きたいところ見つかる

[PR]
転職したい麻酔科医師必見!
再就職に関する情報が満載☆